美☆おじさんのブログ

健康と美容のブログ

「ヒューロムスロージューサーH-AA」がすごい!

ずっと気になっていた、スロージューサー。散々情報収集した結果、「ヒューロムスロージューサーH-AA」に決めました!!はっきり言って、健康と美容に効果バツグンです☆

1 スロージューサーを始めようと思ったきっかけ

最近、特に疲れがとれないので、食事を見直すことにしました。

人間の活動の源って、食事ですからね!

以前、仕事のストレスで、暴飲暴食をしていた時期があり、そのときに試したのが、「朝食抜き健康法」。

これは、朝食はとらず、水や白湯、野菜ジュースや果物ジュースなどで午前中を過ごすというもの。

①午前中は、体にとって、排泄の時間であるということと、②食事をすることで消化のための体力消耗を防ぐということから考えられているもののようです。

そもそも、朝飯前という言葉があるように、午前中にひと仕事してからご飯を食べるという習慣が、人類にはあったようです。

この朝食抜き健康法は効果バツグンで、あっという間に体重を落とすことができ、さらに顔のたるみもなくなるという、すんばらしい健康法でした。

私にはこれが効きすぎて、体付きが少し貧相になったため、この健康法をやめたのでした。

この時に飲んでいた100%ストレートのトマトジュースが、とても体によかったことを思い出し、手作りジュースを始めようと思い立ったのでした。 

2 ミキサー(ブレンダー)か、スロージューサーか。

まず、選択肢として、ミキサー(ブレンダー)か、スロージューサーかがあります。 

【ミキサー】

〇特徴

・果物や野菜等を、非常に細かく砕く。食物繊維が残るため、完全な液状にはならず、ドロドロの状態になる。

〇長所

・高速なので、仕上がりが早い

食物繊維とともにジュースになる。

・機械がそれほど大きくない。

片づけが楽

〇短所

・食物繊維がジュースに残るため、体の中で食物繊維を消化する必要があり、スロージューサーと比べて栄養素の吸収はよくない

・高速回転による熱で、酵素が壊れやすい

【スロージューサー】

〇特徴

 ・食物繊維とジュースとに分離される。

〇長所

・食物繊維が分離されるため、 胃や腸に負担をかけることなく飲むことができ、ミキサーと比べて栄養素の吸収はよい

・絞る過程の熱で酵素が壊れることがないため、酵素をたくさんとれる。

〇短所

 ・ミキサーほどは早くできない。

・食物繊維が分離されるため、ミキサーほど食物繊維を体にとりこむことができない。

・機械が大きく、部品も複数あるので、それなりの置き場所が必要

・部品が複数あるし、絞りかすの廃棄も必要なため、片づけに手間がかかる

 

以上の情報収集から、次の理由でスロージューサーを購入することにしました。

・最近、胃腸が疲れているので、消化に体力を消耗したくないこと。

・やっぱり、酵素をとりたいこと。生きた栄養を取りたい!

・食物繊維が分離されるとはいえ、ジュースの中に水溶性の食物繊維は残ること

 ※ちなみに、高速ジューサーは、熱により酵素が壊れることと、空気に多く触れることで酸化することから、選択肢から外しました。次の動画をご覧ください。


高速回転ジューサーと石臼式低速回転ジューサーの比較

左がスロージューサーで、右が高速回転ジューサーです。遠心力で分離するため、多くの空気に触れ、酸化してしまうようです。

3 どのスロージューサーを選ぶか。

これは、スロージューサー比較の動画です。2014年とちょっと古いですが。


スロージューサー8台でにんじんジュース比較【ピカイチ野菜くん】

左から以下のとおり。かっこの中は、搾取量と、カスを除去した量です。

・ゼンケン クッカーベジフル ZJ-B1 (235g⇒218g)

・ヒューロムスロージューサー HH (220g⇒205g)

・クビンスホールスロージューサー(245g⇒221g)

ヒューロムスロージューサー H2H(250g⇒242g

・クビンスサイレントジューサー(240g⇒215g)

エンジェルジューサー AG7500 (355g⇒347g

・ゼンケン マルチクッカー ZJ-B2(245g⇒235g)

・ゼンケン ベジフルⅡ (240g⇒230g)

この動画から、以下のことが分かりました。

・スロージューサーには、縦型と横型があるが、横型は押棒で押すという手間があり、また、機械がでかい

エンジェルジューサーはダントツで搾取量が多い

 

ジュースを作るなら、搾取量が多くないと、長い目で見れば、材料代が高くついてしまいます。よって、エンジェルジューサーが欲しい・・・。

しかーし、エンジェルジューサーは、お値段もダントツにお高い!約19万円

横型で場所をとり、さらに押棒で押す手間も考えて、エンジェルジューサーは思いとどまりました。

したがって、縦型だし、搾取量も次に多い、ヒューロムスロージューサーの最新版、「ヒューロムスロージューサーH-AA」に決めました☆

4 「ヒューロムスロージューサーH-AA」

「ヒューロムスロージューサーH-AA」は、王様のブランチや、日経プラス1(第1位)で紹介されたりと、人気もあるようです。

style.nikkei.com

私は、「ピカイチ野菜くん」で購入しました。税込38,800円

特典は、以下のとおりです。

5年保証

乾燥スタンド付

にんじんジュースセット付(無農薬ニンジン3kg、りんご3個とレモン3個)

楽天ポイント10倍

レシピブック

にんじんジュースセットが付いているので、商品到着後、すぐにジュースが作れます。 

こちらは、特典なしバージョン。税込31,000円

ところで、ヒューロムとよく比較されるクビンスですが、食材をそこまで細かくカットしなくても良い機種があるというメリットがある反面、重さがそれなりにあるというデメリットもあるようです。

「ヒューロムスロージューサーH-AA」は、本体重量約4.8kg。

「クビンス JSG-121」は、本体重量約6.9kg。税込42,984円

ヒューロムもクビンスも韓国の会社です。私は搾取量と重さを考慮して、「ヒューロムスロージューサーH-AA」に決めたのでした。

商品が到着しました!

f:id:Bi-ojisan:20171125121807j:plain

 色んなパーツがあります。本体は、それなりの重さです(4.8kg)。

こちらがセットした状態。左からカスが、右からジュースがでます。

f:id:Bi-ojisan:20171125121808j:plain

特典のにんじんジュースセットにより、早速にんじんジュースを作ってみます。

無農薬にんじん2本と、リンゴ半分、レモン半分を使います。

f:id:Bi-ojisan:20171125121814j:plain

こんな感じにカットしました。にんじんとリンゴは皮つき。リンゴは芯をとり、レモンは皮をむきました。

f:id:Bi-ojisan:20171125121809j:plain

 早速、にんじんを投入~!どきどき

f:id:Bi-ojisan:20171125121810j:plain

絞りカスが、むにゅむにゅとでてきましたよ~。音も全然気にならない

f:id:Bi-ojisan:20171125121811j:plain

ジュースがたまってきました。ストッパーがあるので、中でにんじんとリンゴとレモンジュースがミックスされます。

そして、ジュースの出口をオープン!シャババーー!!

f:id:Bi-ojisan:20171125121812j:plain

320mlのジュースがとれました☆ 結構な量で、二人分くらいあります。

f:id:Bi-ojisan:20171125181735j:plain

絞りかすはこんな感じ。

f:id:Bi-ojisan:20171125181736j:plain

絞りかすは、カレーの材料にしてもよいかも。

早速ジュースをごくりっ!

う、うまい~☆全然にんじん臭くなく、むしろ甘い!食物繊維がジュースから除かれているので、体にすぐ吸収されていくことが実感できます。体が喜んでるっ☆

体の疲れがぶっとびました。やっぱり、生きてる食材はよいですね☆

しばらく、スロージューサー生活を続けてみたいと思います。

この商品の特典には、レシピブックもついているので、色んなジュースを試してみたいです。

買ってよかった、そう思える商品でした。

※参考動画を掲載しておきます。商品の特徴編。


2016年新モデル ヒューロムスロージューサーH-AAの特徴

絞っているところ編。


2016年新モデル ヒューロムスロージューサーH-AAでニンジンを搾ってみました